スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.23 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    断固として、マルコちゃん推し!

    0

      ↑マルコちゃんの魅力がイマイチ伝わってない希ガス... (´・ω・`)

      なので、

      このところ、

      マルコちゃんの写真ばっかし撮影しておりマス!

      皆さん、

      どうか、

      この魅力的なメダカちゃんをば、

      よろしゅーおたのもーしマス!

      背ビレがないのって、

      キャワゆいでしょー?

      アタシャ独りだけが、

      盛り上がってるんでしょーか?

      面白いですよ!

      マ・ル・コ


      マルコーニ大佐

      0

        ↑夏に生まれたマルコちゃんたちです。

         

        カワユスなァ〜

         

        体長が若干短めですネ?

        「背なり」の具合を観るのが、

        「ランチュウ」のそれを観るようで、

        おもろたのしスなァ〜

        うちのマルコ(背ビレなし)の系統は、

        透明鱗と、ダルマ、紅白の遺伝子が入っているので、

        おもろいですヨ?


        マルコたちを改めて観ると貴重品に思える件!?

        0

          ↑なんか、背ビレがないって、改めて観ると、なんとなく貴重に思えてきます。不思議ですネ? アタシャだけなんでしょうか? 秋の陽光の中で元気に泳ぐマルコちゃんたちをまじまじと観ていると、シアワセな気持ちになってきたりなんかしてますが。。。

           

          そんなカワイコちゃんたちを嫁がせる頑固オヤジの心境で売りに出しておりますですハイ。。。(汗)

           

          先日、冬季繁殖施設をご紹介しましたが、室内より、屋外のほうがサイズアップしてるんですが、、、メダカの成長には寒暖の差があったほうが良いのでしょうか? ヒーターで一定の水温を保つほうが良い気がしなくもないですが、なんか、どうもやっぱり、室内だと促成栽培的なメダカになるのでありましょーか?

           

          実は冬季繁殖は以前にもやったことがあるのですが、未熟なところもあり、結果があまり芳しくなかったので、今年は気合いを入れてやってみるつもりです。。。


          ふう、台風一過の朝にパチリ!

          0

            厳重に池に波板をしておいたので、

            けっこー、

            だいじょーぶでした!

            すかさず、

            エサやりをしたら、

            どばーっとやってしまい、

            あわてて網ですくいました (´∀`*)ウフフ

            1匹も落ちてなかったので、

            ヤッターと思って、

            うかれていたら、

            床に携帯を落としてしまいましたとさ (´・ω・`)

            セーフ!!


            マルコ、どアップで!

            0

              ↑マルコダルマ(透明鱗)♪

              黒っぽい色ものってきてますネ?

              横腹にわ、浅葱色?

               

              ↑マルコ♪

              だけどもだけどぉー、紅白(透明鱗)の血が入っているためか、なんか色が...


              マルコのキールが...

              0

                腹部のキール部分がオレンジに色づいている個体が居ました。コレわ、楊貴妃の遺伝子を受け継いでいる証拠だと思われます。

                 

                うちのこの系統の交配わどーだったか、思い出してみると、、、

                 

                楊貴妃マルコ x 白透明鱗

                 

                で、いずれもダルマの遺伝子を持った系統でした。

                 

                この系統の仔を採ると、紅白マルコダルマがいつかわ生まれてくるハズです。

                 

                すでにマルコダルマが生まれてきているのでなんとかなりそーですが...面白い系統にわなっていると思います。

                 

                ただ、1センチを超えるサイズ(背ビレのあるなしを選別できるサイズ)まで大量の稚魚を育てないと結果がわからないので、かなりのロスとゆーか、なんだかな、といった、狭小スペースでの飼育でわアタマの痛いことになっておりますです、ハイ。。。

                 

                しかーし、数が少ないと俄然、燃えるとゆーものでわございませぬか!

                 

                (;^ω^)


                マルコダルマ♪

                0

                  今のところ、

                  100匹採って、

                  1匹くらいの割合でしょうか... (´・ω・`)

                   

                  1パーセントでも、

                  望みがあれば、

                  それにかける!

                   

                  それが、

                  漢とゆーものでわございませぬか!

                   

                  とゆーワケででして、

                  マルコの出現率は10パーセントくらいです(汗)

                   

                  でも、

                  背ビレなしを選別するのわ、

                  ハッキリわかるので、

                  それわそれで、

                  宝探しみたいで、

                  面白いですネ。

                   


                  透明鱗のマルコと思いきや...

                  0

                    どうやら、

                    片ホホのよーでございます (´・ω・`)

                     

                    F2でわ、

                    このよーな黒の入り方がほとんどでした(汗)

                     

                    なので、

                    せっかく、

                    オレンジと白になっているのに、

                    黒がこんなふーにのっているので、

                    かなり残念なメダカちゃんになってます (;´・ω・)

                     

                    しかも、

                    数えられるほどしか居ません(汗)

                     

                    この系統を追っていっていーのかと、

                    多少の懸念はあるものの、

                     

                    「紅白マルコダルマ」

                     

                    を、

                    いつの日かこの目で観るまでわと、

                    苦難の道をあえて歩もうと思っております(なんつって)


                    1

                    ▼ ホームページ



                    ◆お問い合わせはコチラ◆

                    ▼ カレンダー

                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << November 2018 >>

                    ▼ 表示中の記事

                    ▼ カテゴリ

                    ▼ アーカイブス

                    ▼ リンク

                    ▼ プロフィール

                    ▼ 検索

                    ▼ その他

                    ▼ モバイル

                    qrcode

                    ▼ powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    ▼ にほんブログ村

                    ブログランキング・にほんブログ村へ

                    ▼ 広告